妊娠初期から出産までの流れやトラブル

妊娠10ヶ月(36週目)

妊娠後期

妊娠10ヶ月(36週目)カレンダー

ママの体

バランスよく栄養をとる

バランスよく栄養をとる36週目から健診が週に1度になります。子宮口の開き具合や赤ちゃんがどのくらい下がってきているかなどを確認します。パンパンに張ったおなかを触ったりすることで、赤ちゃんの手足の位置もわかります。子宮が下がってくるので、動悸や息切れが減り、食欲も戻ってきます。これまでしっかりと食事がとれていなかったママは、バランスよく栄養をとるよう心掛けましょう。
赤ちゃんは一番エネルギーが必要な時期です。体重が増え過ぎているからといって、帳尻合わせにカロリーを制限しすぎると、赤ちゃんに影響が出る可能性があります。

赤ちゃんの様子

生まれてくる準備が完了

妊娠36週の胎児妊娠36週の胎児呼吸器や心臓、肝臓、消化器などすべての臓器は十分な大きさになり、機能も完成します。神経系や筋肉の発達も十分で、今すぐ生まれても、呼吸や体温調節をすることができる状態です。
腎臓もきちんと働くようになり、体内の水分を処理できるようになるので、むくみがとれて皮膚に張りが出ます。体は四頭身になって、体全体に皮下脂肪がつきます。体を覆っていた胎脂がはがれて、肌はつやつやしたきれいなピンク色で、赤ちゃんらしい体つきになっています。一般的に、妊娠36週になり、体の機能が成熟し、体重が2500gを超えると、成熟児といわれるようになります。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ

サイトナビゲーション