妊娠初期から出産までの流れやトラブル

妊娠中の痔

血流の悪化や便秘が妊婦さんを痔にさせやすくします。痔になってしまったら、排便後はとくに清潔にしなければいけません。

妊娠中の痔の特徴

妊娠中の痔で一番多い「内痔核(ないじかく)」

内痔核図解内痔核図解妊娠中は循環血液量が増えて血管が拡張します。大きくなった子宮による圧迫のために、肛門周辺の血液循環が悪くなり、拡張した血管に血液がたまってうっ血し、痔になってしまいます。痔にもいろいろ種類がありますが、これは内痔核といわれるものです。いわゆるいぼ痔が肛門の中にできたもので、妊娠中の痔では、このタイプが一番多くなります。痛みはあまりなく、突然出血して気づくことが多いです。症状が進むと排便時にいぼが肛門の外に出てきて、違和感や痛みを感じることもあります。

便秘が原因で起こる「裂肛(れっこう)」

妊娠中は便秘になりやすいため、それが原因で痔になることもあります。便がかたく太くなってしまい、それを強い腹圧をかけて押し出すため、肛門が切れてしまうのです。これは、痔の種類としては裂肛といい、いわゆる切れ痔です。

痔の種類

いぼ痔

肛門の静脈に血液がうっ血し、こぶのようなものができる痔。妊娠中はとくにできやすい。

切れ痔

硬い便を出そうとして、肛門の粘膜に傷がついた状態。出血や痛みがある。妊娠中に多い。

痔ろう

肛門と直腸の境目で細菌感染が起こり、化膿する病気。便秘が原因で起こることは少ない。

妊娠中の痔の予防と解消

痔の予防

無理にいきまない

便を出そうとトイレで頑張りすぎないようにします。

血行をよくする

お風呂で温めたり、シャワーを当てて痔の血行をよくします。

清潔にする

排便後はシャワートイレで清潔にしましょう。入浴時もお湯でしっかりと流します。

痔になってしまったら

痔になってしまったら切れ痔の場合は、便秘解消がいちばんです。便秘が解消すれば自然によくなっていきます。かたい便を出さないようにし、いきみをかけずに酒むようにしたいものです。そして、排便後は患部をお湯で洗うなどして、温めたり清潔に保つといいでしょう。
しかし、いぼ痔は、妊娠過数が進むにつれて子宮による圧迫は増していくため、うっ血がひどくなっていきがちです。それでも妊娠中には、外科手術を行うことはまずありません。安静を指示されていない人なら、適度に体を動かし、血行をよくすることも必要です。じっとしてばかりいると、患部のうっ血がなかなかおさまらず、症状もよくなってきません。それでもつらければ、産婦人科の医師に相談してください。適切な治療薬をもらえます。お産の際のいきみで痔を悪化させないためにも、妊娠中にできるだけ改善しておくことが大切です。

痔を悪化させないために

刺激物を控える

痔の炎症を悪化させる唐辛子などの刺激物は避けます。

清潔にして血行促進

肛門にシャワーをあてると、感染予防と血行促進の効果がアップします。

立ちっぱなしは避ける

長時間、立ち続けると血行が悪くなり、痔が悪化してしまいます。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ