妊娠初期から出産までの流れやトラブル

腰痛

妊娠中は大きくなったおなかを支えるため、背骨が反り返ったカーになり、腰に負担がかかりやすくなります。また、ホルモンの影響で、背骨や骨盤の関節が緩み、体の重みを支える力が弱くなっていることも腰痛の原因になります。

妊娠中の腰痛の特徴

妊娠中の腰痛の原因

妊娠と腰痛の関係妊娠と腰痛の関係マイナートラブルの中で、訴えの多いもののひとつが腰痛です。これは妊娠中の姿勢の変化が大きな原因といえます。大きくなったおなかのために体の重心が前に移動し、どうしても背中をそらして、おなかを突き出した姿勢をとってしまうからです。このとき、腰の筋肉に大きな負担がかかって腰痛が起こります。
また、女性は妊娠をきっかけに骨盤を開かせるための「リラキシン」というホルモンの分泌が多くなります。赤ちゃんが生まれるとき、狭い骨盤を通るのを楽にさせるためです。リラキシンはじん帯をゆるませるため、骨盤の関節が不安定になり、これが原因で腰痛が起きやすくなってしまいます。

妊娠初期と妊娠中の腰痛»

妊娠中の腰痛予防

日常生活での注意点

掃除のとき

掃除機をかけるときに中腰は避けましょう。柄の長さを調整して片手で持つと、背筋がまっすぐに伸びて腰が楽になります。

いすに座るとき

浅く腰をかけるのはNGです。背もたれに背をつけ、深く腰をかけます。体が反りやすいソファでは少し前かがみになります。

階段の上り下り

猫背にならないように背筋を伸ばし、重心を片足にしっかり乗せてから、もう一方の足を動かくすのがコツです。

料理の時

立ち続けず、ときどきいすに座って休んだり、低い台に片足を交互に乗せると、筋肉の緊張がやわらぎます。

物を持ち上げるとき

ひざをまっすぐにして持とうとするのはNGです。必ずひざを曲げて、腰を落とし、体全体を使って持ち上げます。

重いものを持つ方法図解

床に盛るとき

アイロンがけなどで床に座るときも前かがみは避けましょう。台の高さを調節したりして、まっすぐな姿勢をキープ。

荷物の持ち方

荷物は、左右交互に持ち替えることを心がけましょう。買い物のレジ袋なら、2つに分けて両手に1つずつ持つとよいでしょう。

腰痛予防の為のかばんの持ち方.jpg

マタニティスイミングやガードルで腰痛軽減!

水泳は水中の浮力で腰に負担がかかりにくい運動なので、マタニティスイミングは腰痛軽減に効果があります。また、腹帯やマタニティガードルなどで腰をサポートしてみるのも手です。カイロなどで温めるのもいいでしょう。さらに、歩くときにはなるべく背筋を伸ばして姿勢をまっすぐに保つよう心がけてください。
マイナートラブルといえども、あまりにも痛みが強いときは我慢せずに、医師に相談してください。なお、腰痛があまりにひどいからといって、お産でいきめないなどということはないので、心配しすぎないようにしましょう。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ