妊娠初期から出産までの流れやトラブル

前置胎盤

胎盤の正常な位置は、子宮の上のほうですが、まれに子宮口をふさぐ位置にあることがあり、これを「前置胎盤」と呼びます。前置胎盤と診断されたら、無理をしないことが大切です。

前置胎盤の特徴

前置胎盤とは

「前置胎盤」とは胎盤の位置の異常です。胎盤の正常な位置は、子宮の上のほうの内壁。それが下のほうの子宮ロをふさぐ位置にできてしまうのが、前置胎盤です。子宮ロにどの程度かかっているかによって分類されます。このほか、胎盤の位置が子宮口に近いものの、子宮口をふさいでいない状態を低置胎盤と呼びます。

前置胎盤図解

前置胎盤の原因

前置胎盤は初産婦より経産婦に多いです。また流産手術や人工妊娠中絶術、帝王切開術、その他子宮の手術の経験がある場合はその頻度が高くなります。
子宮筋腫や、生まれつきの子宮奇形、子宮内膜炎などの場合も発生頻度が高くなります。子宮内に傷や筋腫などがあることによって、その場所で受精卵が着床できず、傷や筋腫のない下の方の場所で着床してしまうのが理由です。 しかし、多くはこういった異常とはまったく無関係のことも多く、大部分は原因が分かっていません。

前置胎盤の症状

前置胎盤の問題まず大きな問題は、赤ちゃんが子宮口から出て来られないことです。そのため、帝王切開で外に出してあげることになります。ただ、妊娠中の子宮は子宮口に近い部分の筋肉が伸びて大きくなっていくため、胎盤の位置が少しずつ上のほうに移っていき、経腟分娩が可能になるともあります。子宮が小さい妊娠初期のうちは、胎盤は下のほうにあり、週数を追うにつれて、だんだん上方に移動していきます。早い時期に「胎盤が低いですね」と言われても、そのほとんどはお産までには正常な位置に移動するので、安心してください。
妊娠中に心配なのは、出血を起こしやすいことです。妊娠中期以降、生理的に子宮が収縮するようになると、それにともなって胎盤と子宮壁との間にズレが生じ、出血することがります。時には大出血を起こすこともあるので、万が一の輸血に備えて自分の血液を貯血しておくことが多いです。

前置胎盤になってしまったら

日常生活では、安静が必要です。出血に気づいたら、すぐに病院へ行きましょう。少量でも出血が持続するようなときは、入院して安静を保つこともあります。不安も大きいと思いますが、赤ちゃんの元気ぐあいも日々確認されるので、心配しないでください。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ