妊娠初期から出産までの流れやトラブル

妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)

心身ともに落ち着いてママになる実感が強くなります。

妊娠中期(5ヶ月~7ヶ月)

妊娠・出産用語集

妊娠・出産に関する用語をまとめています。

あ行の妊娠用語あ行の妊娠用語か行の妊娠用語か行の妊娠用語さ行の妊娠用語さ行の妊娠用語た行の妊娠用語た行の妊娠用語な行の妊娠用語な行の妊娠用語は行の妊娠用語は行の妊娠用語ま行の妊娠用語ま行の妊娠用語や行の妊娠用語や行の妊娠用語ら行の妊娠用語ら行の妊娠用語

赤ちゃんとママの体

「母親学級」などで不安を解消

妊娠中期のママ妊娠中期になると、おなかの中で赤ちゃんはグングン成長し、16~19週目になると指しゃぶりをするようになります。そして、20過前後になるとママは胎動を感じ始めるでしょう。
初めての妊娠生活だと、いろいろと心細いこともあると思います。そういったときには、「母親学級」や「両親学級」に参加することをおすすめします。妊娠の経過や出産について教えてもらえますし、さまざまな情報交換ができて、不安が解消できます。同じ境遇のママたちと知り合えるので、よい気分転換になると思います。

妊娠中期のママと赤ちゃんの変化

月数 5ヶ月 6ヶ月
7ヶ月
ママの体の変化
おなかが大きい体型になり、おっぱいも大きくなってきます。子宮は大人の頭くらいの大ささになります。健診時に、子宮サイズの目安となる子宮底長と腹囲を測ります。また、立ちくらみしやすくなります。 月乳腺が発達し、母乳の準備が進みます。体調は安定してきます。子宮底はおへそあたりに達し、おなかが前へとせり出して体が後ろに反り気味になってきます。背中や腰に痛みを感じる人もいます。
頻繁におなかが張って、はっきりと胎動が感じられるようになります。大きなおなかが負担となって、むくみや腰痛、静脈瘤などの症状に悩まされることもあるでしょう。手がしびれることがあります。
赤ちゃんの変化
耳や鼻、口の形が完成します。手足も活発に動かすようになります。体型はバランスのとれた四頭身になります。女の子の卵巣の中には卵子のもとが作られます。 まつげやまゆ毛、髪の毛が生え始めます。聴覚が発達して外の音が聞こえるようになります。顔立ちが超音波写真でわかるように。脳細胞ができあがります。
自分で体の動きをコントロールすることも可能になるほど、運動機能が発達します。鼻の穴も開通して、ますます出生後の顔つきに近づいてきます。

⑦血液の循環が始まります。 

命性別がはっきりしてきます。

9週ごろ、手足の区別がつき始めま

す。

率心拍がよりはっきりしてきます。

妊娠中期の過ごし方

赤ちゃんの状態も安定し、ママの体調も回復して、少し心が解放される時期です。大いに妊娠生活を楽しみましょう!しかし、おなかが出てきて生活上、困ることもちらほらでてきます。ちょっとしたコツを覚えて上手に付き合っていきましょう。

妊娠中期を快適に過ごす工夫

靴下はベッドやいすに腰掛けてはく

床に座って靴下をはくのはおなかが邪魔になりますし、バランスを崩しやすくなります。いすなどに腰掛けてはくと楽です。爪切りの姿勢を応用するのもおすすめです。

掃除機を使う時は柄の部分を伸ばす

妊婦にとって掃除機をかけるのはけっこうな重労働です。前かがみの姿勢は疲れやすいですし、腰にも負担がかかります。柄の部分を長く伸ばし、上体をまっすぐに起こして使用しましょう。

洗顔や歯磨きもお風呂で

お風呂に入ったら、体や頭を洗うこと以外に、洗顔や歯磨きなども、まとめて済ませてしまいましょう。まわりを汚すことを気にせず、いすに座って楽に行えます。

物干しざおを低くする

上を向いて洗濯物を干すと、バランスを崩して転倒しやすいので要注意です。ウエストや胸あたりの低い位置で干せる物干しざおなどを利用しましょう。

寝るときは抱き枕を使うと快眠!

おなかが大きくなってくると、あお向けがつらくなってくると思います。横向きに寝るのがおすすめです。枕や丸めた毛布、抱き枕などを抱くとバランスがとれて楽に寝ることができます。

物干しざおを低くする

上を向いて洗濯物を干すと、バランスを崩して転倒しやすいので要注意です。ウエストや胸あたりの低い位置で干せる物干しざおなどを利用しましょう。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ

サイトナビゲーション